重度の障害をもっていても 十分な経験や 知識を身につける 機会が あれば エンパワメント(自分らしく社会生活をおくる力を発揮すること)していくことで 地域社会へと羽ばたき、本来のあるべき姿、自分らしさを取り戻して それぞれの力を発揮できると考えています。個別に、もしくは5名ぐらいのグループで 地域で生活するための 制度のこと、お金のこと、住宅探し、外出のための 交通機関の 使い方 、介助者のこと、など‥‥ 地域で生活するために必要な あらゆることを 一緒に行っていく プログラムを 自立生活プログラム (ILP アイエルピー)と 言います。