自立生活センターとは

自立生活センターとはCenter for Independent Living

(地域で 自立して生活するための 拠点)

略して C I L (シーアイエル)

 

 障害者のニーズは 障害者自身が知っている、という考えのもとに、それまでは 受け手であった 障害者自身が 

自らの問題として 自らの経験をもとに

ともに考え 実践していくところです

地域で生きるため

エンパワメント(その人らしさ)を 大切にして

自分の人生に 対して

自分で選び  自分で決めて 自分の責任で 生活していくことを 

積極的に サポートします

運営委員の過半数と事業実施責任者が 

障害者であるという

障害当事者のニーズが 運営の基本となっています


《 経緯 》

 1972年にアメリカ カリフォルニア州 バークレーに 世界初

〝 障害者自身が 運営して サービスを提供する 自立生活センター〟が 設立されました それから 世界に広がり カナダ、ヨーロッパ、1986年に日本で初めての 自立生活センターが 設立 韓国、タイ、パキスタンなど アジアの国々にも広がり

 現在、世界各国に自立生活センターが設立されています

日本でも 北から南まで 全国各地に 約130カ所ほど在ります

自立生活センター ラピタは

ピア・カウンセリング

 自立生活プログラム(ILP)

 自立生活に関わる 各種相談

重度の障害者の暮らしやすい社会は

 誰にとっても 暮らしやすい地域となります。そうした 社会づくりを 目指して 活動しています